DAY10 天井と柱の塗装

スポンサーリンク
和室6畳(A)

こんにちは、カナです

前回は、柱・天井の塗装をする前準備を行いました。柱の釘取りや養生テープを貼り終えました。天井も水拭きしてホコリも取っています。

スポンサーリンク

天井の塗装をします

今回は、前準備も終わりましたので、早速塗装をしたいと思います!!

前回、漆喰を塗った時は、コテを使って行いましたが、今回の塗装は、刷毛とローラーを使って塗装していきます。

今回使った塗装は、「水性木部防虫・防腐ステインEX」の色は「ウォルナット」です。

色に関しては、すでに決まってましたが、塗装の種類で色々と迷ってしまいました。が、ボロ家ということもあり、木部の痛みを押さえたいと考えこちらにしました。

また、塗料の種類については、こちらで大まかにまとめましたので、参考にして下さい。

今回使う塗料「水性木部防虫・防腐ステインEX」の 商品名にもあるように、ステインを使っていきます。ステインは、木部の中に浸透する塗料になります。←覚えていて下さい。

早速、天井に塗っていきます。まずは、刷毛で端っこから塗って広いところはローラーで塗っていきましたが、、、

(ん?ローラー塗りにくいぞ。ぐぬぬ、面倒だけど刷毛で塗ろー)

2列塗った後で、「あ、これはダメなやつだ」と気づきました。

なぜか、下の画像を見て下さい。

木目っぽく見えるのは、実は刷毛で塗った後です。

すっごく汚い。

そうです。上記で書いていた(覚えていて下さい。の一文)です。使っている塗料は、ステインです。木に浸透するんです。

え、天井は木じゃないの?そうです。木じゃありません。プリント合板です。

プリント合板とは、 基材である合板の表面に自然に見るような美しい木目や色柄を再現した紙の化粧シートを貼り合わせたものなんです。

表面は、紙というよりプラスチックに似たつるつるとした木目柄でした。

カナは、もちろんこのことは調べて知っていました。でも、いけるかな~と安易な考えで事に及んだわけです。犯人は私です

というわけで、ここで天井は中止しました。次回に持ち越しです。

柱を塗装します

天井も中止にしたので、先に柱をしちゃいます。塗料は同じ「水性木部防虫・防腐ステインEX」です。

柱は、正真正銘の木材なので使う事には何の問題もありません。

なので、どんどん塗っていきます。塗るとこんな感じです。

上の方が塗った後、下が塗る前です。今回、「ウォルナット」の色を選択したので、濃い色になっています。色々な色があるので、お好みで選んで下さいね。

まだ、一度塗りの状態なので濃さがまだ出ていませんが二度塗りで濃さが変わってくる予定です。

しかし、養生テープの幅が短いせいなのか、私の塗り方が下手なのか、テープからはみ出しせっかく塗った漆喰に着いちゃいました・・・・(T_T)

至る所ではみ出しし過ぎてしまい。もう、何度ため息をついたか・・・(´Д`)ハァ…

これの処置については、もう一度漆喰を塗るしかないですよね~・・・(´Д`)ハァ…

なんだか、色々とやっちゃった感があり、意気消沈しながら今回の作業は終了です。(´Д`)ハァ…

ここまでお読み下さりありがとうございました。

次回は、天井と柱の塗装 パート2 です。

タイトルとURLをコピーしました